読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stacyの日記

時事ネタを中心に日常でふと思ったこと

両親の結婚記念日

両親の結婚記念日に二人が式を挙げた場所に行ってみた。

二人とも既に亡くなっている。50年ほど前、二人はどんな気持ちで式に臨んだのか。他人と暮らすことへの不安と、新しい生活の期待で複雑な心境だったのではないかと想像している。

二人が結婚し、姉と私と弟が生まれ、平凡な家庭ができた。

私は結婚しなかったし、子孫も残さなかった。弟は良い伴侶を得て子供にも恵まれたから、両親の血は途絶えてはいない。

お父さん、お母さん、結婚式の写真は緊張した面持ちで写ってますね。不安も不満もあった結婚生活だったかもしれませんが、二人が温かい家庭を作ってくれたお陰で幸せな子供時代を過ごすことができました。今、あなた達の子供は成長し、大人となり、それぞれ違った人生を歩んでいますが、今のところ経済的にも人間関係にも大きなトラブルはなく、平凡で慎ましく暮らしています。生んでくれてありがとう。いつか天国で再会したいな。

閉経

そろそろ閉経になるようだ。

初潮以来、ほぼ28日周期で規則正しく生理になっていた。それがここ2年は早く来たり、3ヵ月も来なかったりと不規則になっている。この不規則さが閉経に向かっていると実感させる。

閉経にならなる前、45才になった時点で、自分には妊娠出産の機会がなかったと少し残念な気分になった。閉経はその事実にとどめを刺すようなものだ。

と書きながら、出産できなかったことについて特に感慨はない。ただ少子高齢化問題を耳にすると申し訳ない気持ちにはなる。

自分の子は産めなかったが、子育てに励んでいる人達を支えることで埋め合わせができたら良いなと思っている。

仕事始め

今年の仕事始めは1月3日だった。

三が日に出勤したのは2000年以来だ。17年前は社内で情報システム担当だったため、2000年問題が起きていないか確認するために元旦に出勤した。社内のサーバーの動作確認をし、異常もなかったので30分も会社にはいなかったが、閑散としたオフィス街に元旦からの出勤したことは、記憶に強く残っている。

今年の出勤は、年明け早々出張する同僚の手伝いのためであった。同僚は年末も30日まで出勤し、年始も休んだのは元旦だけだったらしい。これまでのツケもあって自業自得な部分もあるが、それにしても働き過ぎな気がする。

そして今日から三連休のはずが、月曜日は出勤となった。土日は休めるのだから良しとしよう。

思うのは、カレンダーに従って仕事はこなせないということ。

芸能人の引退

芸能人が友人の裏切りに心痛し引退するという。薬物疑惑のある中、突然の引退宣言だ。

薬物疑惑については素人には判断しかねるが、友人の裏切りについては共感する点もある。

そもそも引退騒動の発端は写真週刊誌のスクープだ。コカインを吸っている姿が写真週刊誌に掲載されていたという。

当該の芸能人は、この写真を見れば、誰が撮ったのか分かるだろう。その場にいたのは限られた人だろうし。そうしたプライベートな写真が公になるというのは、当事者にとって衝撃だろう。

私は公人ではないが、例えば友達同士、少人数の集まりの様子が公になった場合のことを想像する。その場に居合わせたのは、ほんの3〜4人。その後、その場のとあるショットが公にされたとすると、写真はその3〜4人の誰かがタレこんだことが容易に推察される。そして、その写真を見れば、誰が撮ったかは分かりそうだ。そして、彼(彼女)が写真誌に売りつけたのかと愕然とするだろう。

違法な薬物のこと云々の前に、プライベートな写真を横流しされたことのショックは分かる気がする。

スマホを新調

週末、スマホを手に道を歩いていたら、手が滑って固い地面の上にスマホを落してしまった。見た目は無事で、どこも欠けいないのに、スイッチがビクともしない。スマホが起動せず、しばらく呆然としてしまった。

取り敢えずカフェに入り、コーヒーを飲みながら考えた。修理すべきか、それとも新機種を買ってしまうか。

30分ほど考えてから買い直すことに決めた。

私のスマホはSIMフリーなので、キャリア系の機種は使えない。すぐに手に入るか不安だったが、あっさり買えた。

起動しないスマホからSIMカードとSDカードを移し、後は粛々と各種設定をした。アプリをダウンロードする時、PlayストアにIDを入力したら、以前ダウンロードしたアプリ一覧が表示された。もう使っていないアプリはダウンロードしないことにし、残りをダウンロードしていく。

旧機種が起動すれば、新旧のスマホ同士をBluetoothで繋いで旧機種から新機種にアプリやデータを移行できるらしいが、私の旧スマホは動かないので断念した。

アプリをインストール後、幾つかのアプリではログインが必要になったが、パスワードは全く覚えておらず、パスワードの再発行をして何とかログインし、日曜の夜までに新スマホの環境は整った。

画面の様子が以前とは異なり、まだ違和感があるが、少しずつ慣れてくるだろう。ポケモンGOは、旧機種では起動に時間がかかり、ログインできないことも多かったが、新機種ではサクサク起ち上がる。

スマホのデータ移行には時間もかかり、多少イライラしたが、無事に移行でき、どのアプリも正常に動いている。買い直して良かった!

旧スマホには2年間お世話になった。感謝しつつお別れだ。

金縛り〈その2〉

一昨日、金縛りの原因ってなんだろう?と書いた後、ウェブで検索したら、すぐ解決した。

金縛りは、ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムが崩れて起こる症状らしい。

そして、ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムの乱れは、体内のオレキシンという物質の欠乏で起こるとのこと。

このオレキシンの欠乏の原因を探りたいと思う。私は3才時点で金縛りを経験しているので、後天的要因より、元々の体質がオレキシン不足の原因なのかもしれない。

質の良い睡眠が取れれば、日中の業務で生産性が高まるのではないかと期待している。

ポリティカル・コレクトネス

トランプがアメリカの次期大統領に選出されてから、「ポリティカル・コレクトネス」という言葉を目にするようになった。ポリティカル・コレクトネスとは、偏見や差別をなくし、公平で公正な社会にしようという啓発活動だと私は解釈している。

ポリティカル・コレクトネスを直訳すれば「政治的な正しさ」となろう。私が初めてこの言葉を知ったのは平成の初期で、デーブ・スペクターが訳した『政治的に正しいおとぎ話』が出版された時だ。新聞に書評が出ていて面白そうだと読んでみたが、私には面白いとは感じられなかった。その頃公開されたアメリカ映画の「アメリカン・ビューティー」を観た時も感じたのだが、何だか息苦しいのだ。

偏見は差別をもたらすし、特定の属性の人達が差別によって不当に扱われ、社会的に排除されるのは不公平だと思う。アファーマティブ・アクションによって被差別者を優遇し、社会の中心を構成する人達と同じスタートラインに立たせることは当然だとも思う。でも、属性としては社会の中心にいるとされながら、不利な状況にいる人達にとっては、アファーマティブ・アクションが適用されている人達が下駄を履かされて有利な地位を確保していることに不満を持つことも分かる気がする。

トランプの勝利は、行き過ぎたポリティカル・コレクトネスへの反発を顕在化したという論考は一理あると思う。

偏見も差別も良くないという絶対正義を、人々が息苦しく感じることなく、社会に浸透させていくにはどうしたら良いのか。