Stacyの日記

時事ネタを中心に日常でふと思ったこと

クラウドファンド

インターネットを通じて募金するクラウドファンドが流行っている。SNSでは、クラウドファンドを始めた、期日が○日までで目標額まで△△円足りないので支援をお願いします、といった情報が流れてくる。

だけど私は一切支援しないことに決めている。

数年前に3~4回クラウドファンドに参加して、その全てが目標額を達成、見返りの粗品なりレポートなりを頂いた。

最後に募金したのは、ちょっとだけ知っている人が立ち上げたプロジェクトで、親しい人がSNSで募金を呼びかけていたので協力した。プロジェクトの内容には興味がなかったが、良いことのように感じて3千円だけ寄付した。

しかし、プロジェクト成立後に頂いたレポートには関心が持てず、またプロジェクトが成立したことに歓喜する関係者達の輪に加わる気も起こらず、何で私は募金したのだろうかと自らの行為に疑問を抱いた。

その後もクラウドファンドのお誘いはたくさん目にしているが、一度も参加していない。

むしろ人々は安易にお金を集め過ぎなのではないかと訝しく思う気持ちが強くなっている。

最近1つだけ募金しようかなと思えるクラウドファンドの募集があった。少し迷ったが、そこの団体はクラウドファンド以外にも募金するルートがあり、クラウドファンドも目標額に達する見込みだったので、クラウドファンドの参加は見送った。クラウドファンドではなく、その団体の銀行口座に直接振り込むつもりだ。

簡単に集金できるクラウドファンドだが、私はこの制度は好きではない。